FC2ブログ

高齢化の恒例化


65歳以上、最高の3461万人=女性は初の3割超―総務省

「敬老の日」を前に総務省は18日、65歳以上の高齢者の推計人口を発表した。

 15日時点の高齢者人口は3461万人(総人口に占める割合は27.3%)で過去最多を更新。男女別で男性は1499万人で男性全体の24.3%。女性高齢者は1962万人で女性全体の30.1%を占め、初めて3割を超えた。

 2015年の高齢者の人口移動を見ると、東京都や大阪府で転出超過の一方、埼玉、千葉、神奈川県などで転入超過となった。

 高齢者の就業者数は730万人となり、12年連続で増加。就業者総数に占める割合は11.4%で過去最高となった。高齢者全体に占める就業者の割合を示す就業率は21.7%となり、主要国で最も高い水準だ。

 高齢者の世帯主を含む2人以上で構成する「高齢者世帯」の15年の1世帯当たり貯蓄現在高は、前年比69万円減の2430万円。3年ぶりの減少で定期預金などが減った。

 また、世帯主の年齢別にパック旅行費の支出金額を見ると、高齢者世帯が6万円を超え、他の年代を抑えて最も高かった。サプリメントなどの「健康保持用摂取品」への支出も高く、高齢者が健康に気を使いながら趣味を楽しむ様子が浮かび上がった。 





医療費 初の40兆円超13年連続過去最高更新

昨年度・平成27年度に、国民が医療機関で病気やけがの治療を受けるためにかかった医療費は、概算で初めて40兆円を超えて、13年連続で過去最高を更新しました。
厚生労働省のまとめによりますと、昨年度・平成27年度の医療費は今の形で統計を取り始めて以来、初めて40兆円を超えて、概算で41兆4627億円でした。これは、前の年度と比べて1兆5100億円、率にして3.8%増え、増加額としては最大の伸びで、医療費は、平成15年度以降、13年連続で過去最高を更新しました。

国民1人当たりの医療費は、75歳未満では22万円、75歳以上では94万8000円で、全体の平均は前の年度より1万2000円増えて32万7000円でした。

医療費の内訳を、診療の種類別で見ると、入院が16兆4000億円、通院が14兆2000億円、歯科が2兆8000億円、調剤が7兆9000億円となっています。

一方、価格が安い後発医薬品、いわゆるジェネリックの使用割合は、昨年度、数量ベースで60.1%と、前の年度より3.7ポイント増えました。厚生労働省は、「昨年度は、高齢化の進展や医療技術の高度化に加え、高額な医薬品の使用が増えたことが医療費を押し上げた」として、今後の動向を注視していくとしています。








長生きは本来いいことのはずなのに、歪んでいるのは、なぜなのか、、、

答えは簡単。「この現象界だけで完結させようとしている」から。


本当は、早く生まれ変わって転生したほうがいいに決まっている。けれども今の所それは宗教的なことであって、表向きは死んだら終わりなので長生きするには越したことがない、ということになっている。

そういう意味ではスイスとかの方が進んでるな、と思う。

スポンサーサイト



プロフィール

「シンクロニシティ(共時性)」「陰と陽(二元論)」「フラクタル(大=小)」が私の人生のテーマです。 Synchronicity (synchronicity)" "Yin and yang (dualism)" "Fractal (large = small)" is the theme of my life.

運命は存在するか?

Author:運命は存在するか?

備えあれば憂い半減。

このパクチーヌードルすんげーうまいの。同シリーズのトムヤム君はもっとうまいけど品切れ中⇩⇩⇩ 気軽に飲めるパクチースープ。粉末状で料理にも⇩⇩⇩

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

訪問者

検索フォーム