FC2ブログ

大天使サリエル=丑寅の金神?


熊本地震を的中!?日月神示の神が関西の女性に降臨?地震の神を操る大物?正体は丑寅の金神か?

 先日、筆者のもとに大変興味深い情報が寄せられた。関西地方に住む50代の女性に、日月神示を下した日月の神が降りてきたというのだ。しかも、熊本地震を的中させたというのだ。この情報はその女性を心配した肉親から寄せられたものであり、急遽筆者は関西に飛び、調査とヒヤリングを行った。

 話よると、今年の三月からよくわからない存在は周辺にいるように感じ始め、時折コンタクトをとってくるのが感じられたという。しかも、人の霊や動物の霊とは違うように思えた。また、自分のてのひらから「タイガーバーム」のような揮発性の強い匂いが漂うになり、その存在が意思を伝えてくるようになった。

 その存在はタブレット端末を使って数字の羅列でメッセージを伝えてきた。明治や昭和の筆と紙による”お筆先”ではなく、21世紀の今風にタブレットで数字を表示する”お筆先”とはなかなか興味深い。

 その怪しげな存在が語るところによると、自分はイスラエルの悪魔であり、数千年前に日本に渡来し、過去にも中山みきや出口なお、岡本天明に神の意志を伝えたというのだ。天理教や大本の開祖の名前が出るなど事態は大事であるが、信じがたいことに欧米では悪魔サリエルと呼ばれ、日本では丑寅の金神とも呼ばれた、とも証言したというのだ。

 また地震の神を自由に使うことが可能であり、日本という霊的に素晴らしい土地を簒奪するために現状の日本人の大部分を殺し、自分が君臨する国を作り、外から人間を連れてきてこの国を自由にすると宣言したという。

 その証拠と言ってはなんだが、熊本地震の発生の前にその存在は「早くテレビをつけろ」というメッセージを発し、その50代の女性がテレビをつけたところ、熊本地震発生のニュース速報が入ったという。単なる偶然と思った女性はこの事態に反発したが、そのあともその悪魔と称する神は伊勢に地震を引き起こした。

 この怪しげな存在の姿に関してだが、女性は入浴中にガラスドア越に丸い物体を目撃しており、存在に気が付いた女性に背を向けるように反転して何処かに移動していったという。また、熊野を観光中に人間の男性の姿を借りて一度だけはっきりと姿を表したこともあるらしい。

 この存在は筆者のヒヤリング中にも、憤慨すると女性に対し酷い異臭を発した。あまりに横暴な悪魔らしき存在にしびれを切らした筆者が、

「そんなまわりくどいことをするな、すぐさま地震を起こして日本人を皆殺しにしろ」

 と言ったところ、反論も出来ず、当然地震も起こせず、その自称・悪魔は沈黙したため、この後は密教僧にバトンタッチして、密教に引き渡した。(無論、先日本誌ATLASで紹介したようにお布施の追加請求をしたり、暴力事件を引き起こす天台宗ではない)

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)






悪魔サリエルとは wikiより

サリエル(Sariel、שריאל)は、「神の命令」という名の大天使(アークエンジェル)であり、死を司る。スリエル(Suriel)、サラカエル(Sarakiel)、ザラキエル(Zerachiel)とも呼ばれる。エノク書によると七大天使の一人である

神の前に出る事を許された十二人の天使(御前天使)の一人。神の玉座近くにはべる権利を持ち、神の意志を執行する司令官の役割を持つ。一説では医療に精通していて、癒す者として認知されていた。その説によると、サリエルはその力を駆使し、ラファエルの右腕として働いていたという。
神に忠実な天使であるが、キリスト教徒間では、彼もまた堕天使であると考えられている。悪魔と敵対関係にある天使、それも大天使がそのような汚名を着せられた理由は、神から指令された役目とサリエルの邪視にある。

エノク書によれば、サリエルの任務の一つは霊魂を罪にいざなう人の子らの霊魂の看守である。人間がその魂を汚すことを防ぐという役目から死を司る天使ともされる。一説には大鎌を持ち、死者の魂を狩ると言われている。また、悪の道に走った天使の罪を量り、堕天させる役目を持ち、時にはこれまで堕天させた仲間を想い、血の涙を流している。
もう一つの役目が月の支配であり、これが堕天使と見なされる理由である。月は古代人にとって非常な霊力を持つものだった。日中に頭上で輝く太陽に比べて、暗い夜を照らしてくれるのは月であり、しかも満ち欠けという不可思議な性質がある。これは古代の人々にすれば創造、成長、衰退、破壊という全ての生物の宿命を象徹しているようであった。しかも、月は潮の干満を支配することから、生死は月の霊力によって支配されていると考えられた(日本人の間でも、人が生まれるのは満潮、死ぬのは潮が引く時とする俗信が未だ残されている)。よって古代人たちは、人間の霊魂は月に保管されており、誕生するときは月から霊魂が送り込まれ、肉体が滅びてしまうと、その霊魂は月に帰っていくと思っていた

こうした発想は根強いもので、「当然ながら地母神信仰、つまりは生命を司る大地なる母へと結びついている」という。イザヤ書において、預言者イザヤが「三日月の護符」を身に着けているシオンの乙女を非難するのも、その背景があるためである。月へのそういったイメージは、次第に魔術と結びつけられていった。例えば、信心深いキリスト教徒は月明かりの射す場で眠ることを嫌い、イギリスの哲学者兼科学者のロジャー・ベーコンは真剣に「月光を不用意に浴びたために生命を失った者が少なからずいる」と述べた。
こうした魔力を持つ月の統制権を得たサリエルが神への反逆者と糾弾されるのは、エノク書の中で月の秘密を人間に教えたと記されたからに他ならない。月の秘密とは、月が生命の誕生や死亡に密接に関係している魔力を指すと推測されている。月の運行に関する知識を人間に教えて堕天する彼は優雅に、何も語らず、自らの意志で堕ちたとされる。
そしてサリエルの象徴は鍵である。この鍵が意味するところは諸説あるが、恐らく魔術との深い関係がありそうだと意識され、一層サリエルのイメージは月に似て神秘的となる




艮の金神とは

「艮の金神」(うしとらのこんじん)とは、いかなる神さまでしょうか。

 「艮の金神」とは、日本に古くから伝わる陰陽道の言葉です。「金神」とは“祟り神”のことで、また「艮」(うしとら)とは東北の意味で、もっとも恐れられている“鬼門”(きもん)の方位です。したがって、「艮の金神」とは数ある金神の中でも、もっとも恐ろしい鬼門の方位にわだかまる“猛悪の祟り神”ということになります。
 普通の常識からすれば、出口なおはとんでもないドエライ祟り神にとりつかれてしまったということになります。

 こともあろうに、わざわざ「艮の金神」という猛悪の神を名のって現われた神。その正体は何でしょうか?
 それは判りませんでした。
 開祖は福知山の金光教にも、また京都の天理教にも足を運ばれました。そしてそこの布教師に調べてもらいましたが、狸か天狗の類の霊がかりとして片付けられてしまいました。
 艮の金神の正体を正しく見分ける者はどこにもいませんでした。





正義なのに悪と汚名を着せられたという点では共通するモノがあるけど。

過去に〇〇に伝えたとかアピールしちゃうところが偽物くさいけど。

日本という霊的に素晴らしい土地を簒奪するために現状の日本人の大部分を殺し、自分が君臨する国を作り、、
だなんて、言う奴が正気の沙汰とは思えん。それともこれが神示で言及された「悪の大将の計画」なのか?
単なる低級霊の悪戯なのか。
スポンサーサイト



プロフィール

「シンクロニシティ(共時性)」「陰と陽(二元論)」「フラクタル(大=小)」が私の人生のテーマです。 Synchronicity (synchronicity)" "Yin and yang (dualism)" "Fractal (large = small)" is the theme of my life.

運命は存在するか?

Author:運命は存在するか?

備えあれば憂い半減。

このパクチーヌードルすんげーうまいの。同シリーズのトムヤム君はもっとうまいけど品切れ中⇩⇩⇩ 気軽に飲めるパクチースープ。粉末状で料理にも⇩⇩⇩

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

訪問者

検索フォーム