FC2ブログ

二元論の限界

この宇宙は、二元論。三元論という人もいるが、極は二つなので、二元論の筈だ。三次元の、二元論。

二元論というのは、悪の存在を前提とした世界であるから、そもそも幸せになれるわけがないのである。

人間は今は幸せになるために生きているのではない。別の目的があると思う。


陰と陽は、はたして本当に等価値だろうか? 宇宙的には等価値の筈なのだが、

普通に考えて、等価値ではない。

光と闇が等価値なわけがない。

男と女が対等なわけがない。

誠実さと不確かさが対等なわけがない。


明らかに、陰の方が劣った設定になっている。

これは全てが平等であるという宇宙と矛盾する。

でも実は矛盾はしていない。

それは、見えていない部分を勘定していないので、等価値に見えないようになっている。


宇宙は、不平等を「演出」する必要があった。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

「シンクロニシティ(共時性)」「陰と陽(二元論)」「フラクタル(大=小)」が私の人生のテーマです。 Synchronicity (synchronicity)" "Yin and yang (dualism)" "Fractal (large = small)" is the theme of my life.

運命は存在するか?

Author:運命は存在するか?

備えあれば憂い半減。

このパクチーヌードルすんげーうまいの。同シリーズのトムヤム君はもっとうまいけど品切れ中⇩⇩⇩ 気軽に飲めるパクチースープ。粉末状で料理にも⇩⇩⇩

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

訪問者

検索フォーム