FC2ブログ

アガルタ伝説

http://ameblo.jp/aries-misa/

<世見>2015.12.10

北極と南極には“ミステリー地帯”があると書いたら、信じますか?

緑が鬱蒼と茂り、妖精が飛び交う湖があったり、絶滅したと思われていた生物が生存していたりして‥‥(笑)

もしかすると、死後、私達の汚れた心が洗濯されるのも、このミステリーゾーンかもしれません。

このミステリー地帯は温度調節自由自在、水晶の壁が見事な環境を作っている。

「バンガー・オアミス」?

「アガルタ伝説」は真実あり。

ボバル古代洞窟はどこまで続いているのでしょう。

そんなに遠くない日、地下都市の遺跡が発見されて、ミステリアスな世界が好きな人以外にも、神秘な世界に心を踊らせる人が急増することでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この予見は、気になってた。確か、ゲリーは地底空洞説否定してたはず。

グーグルアースで

66°18'00.0"s 100°45'00.0"E 

と入れると、確かに露岩地帯の湖らしきものが。


南極航空写真

少し離れたところに、何かありますよ。

謎の穴 上空

穴ですねえ。何なんでしょうこの穴。

謎の穴


もしやこれが ボバル古代洞窟 ?

この先に 死者の国があるの?

死なずして 死後の世界へ行ける日が来るのだろうか




ボバル古代洞窟はもしかしたら メキシコの巨大水晶の洞窟に繋がってたりして。



ちょっと前に話題になった、メキシコのナイカ鉱山にある巨大水晶の洞窟。ここはまさに、水晶の壁。

http://the.trip-u.com/19513
洞窟の大きさは、長さ27m、幅9mほどなのだが、洞内の気温は約58℃、湿度は約90〜100%を保っている。適切な装備の無い人間が洞窟に進入した場合、約10分しか滞在できないのだとか。また、これほど巨大な結晶が育ったのは、マグマが地下水を加熱したことにより、さまざまな科学反応の影響で、鉱物質に富んだ熱水で空洞が満たされたまま、約50万年が経過したからだそうだ。


秘密世界の環境を作るには十分そうです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

「シンクロニシティ(共時性)」「陰と陽(二元論)」「フラクタル(大=小)」が私の人生のテーマです。 Synchronicity (synchronicity)" "Yin and yang (dualism)" "Fractal (large = small)" is the theme of my life.

運命は存在するか?

Author:運命は存在するか?

備えあれば憂い半減。

このパクチーヌードルすんげーうまいの。同シリーズのトムヤム君はもっとうまいけど品切れ中⇩⇩⇩ 気軽に飲めるパクチースープ。粉末状で料理にも⇩⇩⇩

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

訪問者

検索フォーム