FC2ブログ

シェイクスピア「「今が最悪の状態」と言える間は、 まだ最悪の状態ではない」

シェイクスピアの名言は、霊感を受けているのか?意味深な言葉が多いです。

そもそも名言というのはそういうものかもしれませんね。

ティテルは言っています。

日本はまだ最悪を経験していないように感じます。日本は国土の半分が住めなくなる状況になると考えられます。一部は海中に沈み、また大震災と津波が再び日本を襲うでしょう。

最悪の状態、それはきっと報道機関も全て潰れ、どこで何が起きているかすらわからなくなるでしょう。
今は福島の一部が立ち入り禁止なだけで、国土の半分が住めないなんていう状態ではないです。
それはまさしく日本切断劇のことだと思います。タイターの地図や松原氏の予言にあったように。

東北の人たちは、復興と称して同じ場所に家を建てたりしているのでしょうか?

日本の半分が住めなくなったらいったいどうなるのか?

それこそ、「避難ドミノ累災」です。

ちょっと前に流行った予言に出てくる単語ですね。でも時期が外れたので忘れ去られたようですが、こういう予言は時期が外れて当たる事があるので要注意です。
そもそも霊視で時期を掴むのはとても難しい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
467:本当にあった怖い名無し:2011/03/27(日) 23:49:23.96 ID:Y9lX11m30
今回の震災、その後の水騒動など全てを予知していました。
ただこれは公式に発表してませんし、日付の残る場に記してませんので意味がありません。

しかし、再び予知を得ましたので今度は前もって警告しておきたいと思います。

それは震災2周年を迎え、政府による復興宣言がなされた日より2か月後のことです。
既に警戒されていた箱根山で噴火が始まります。
一度に二ヵ所の噴火口が現れるという珍しい噴火だそうです。
大量の溶岩が溢れ出しますが、噴石による被害等は特にありません。
しかしその二日後、富士山の宝永噴火口の西側より大爆発がおこります。
さらにその半日後、木曽御嶽山でも大噴火が起こります。
海外メディアはこれを「日本の噴火火山ファミリー」と呼んで大騒ぎします。
箱根の二つの噴火口は「箱根の双子姉妹」と呼ばれているようです。
箱根山噴火直後から恐れられていた東海~南海地震は起こりません。
しかし噴火に伴う火山性の地震は頻発します。
1週間後、3火山による噴火で直接的被害は死者行方不明者合わせて2千人を超えます。
そのニュースを見ていたときです。テレビ画面が突然おかしくなり画像が途絶えてしまいます。
大量の噴出物が電気回路に障害を与え、関東を中心に大混乱となります。
火災が多発し、ネットワークは至る所で障害をおこし使い物になりません。
都市機能を維持できず、東京は放棄されることになりますが、疎開トラブルでの死者は毎日数百人以上出ています。
私が九州の親類宅に疎開した日に見たニュースでは、死者行方不明者合わせて20万人を超えると報じられてました。
1ヵ月の間に首都圏を脱出できたのは僅か42%、水や食料が不足したり呼吸器障害での死者が予想されると報じていました。
そして数日後に聞きなれない言葉を目にします「避難ドミノ累災」です。
あまりに大量の避難民が発生したため、避難先での食料が極度に不足し、飢餓や暴動が多発して秩序が失われます。
既に広島まで自治体機能が失われました。
関門大橋とトンネルの閉鎖が決定され、無理に突破しようとした車両や人は容赦なく攻撃されたそうです。
最期に見たのは「犠牲者3千万人以上、地球規模の火山の冬到来か?」という活字です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「犠牲者3千万人以上、地球規模の火山の冬到来か?」という文脈からして、これは海外の噴火も含むのだと思うけれど。しかしこの文面だと致命的な関東の大震災については書かれておらず、火山についてだけです。

でも、だとしたらそのほうがいいかもしれない。地震以外の理由で関東から人々が避難すれば、大地震や津波による被害からは逃れることが出来るからです。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

「シンクロニシティ(共時性)」「陰と陽(二元論)」「フラクタル(大=小)」が私の人生のテーマです。 Synchronicity (synchronicity)" "Yin and yang (dualism)" "Fractal (large = small)" is the theme of my life.

運命は存在するか?

Author:運命は存在するか?

備えあれば憂い半減。

このパクチーヌードルすんげーうまいの。同シリーズのトムヤム君はもっとうまいけど品切れ中⇩⇩⇩ 気軽に飲めるパクチースープ。粉末状で料理にも⇩⇩⇩

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

訪問者

検索フォーム