FC2ブログ

神々の魔術 失われた古代文明の叡智

を読んだ。
あの、神々の指紋の続きですね。膨大なページ数です。

結論から言うと、ほぼ間違いなく、近いうちに「例の彗星」が帰還する模様です。そして文明を破壊するようです。
超古代文明の人たちはこのことを知っていて、現代を生きる人類にメッセージとして、様々な痕跡を残したようです。


彗星は、破壊と再生を司る
破壊と再生を司るフェニックスがキーワードのようです。


神話が伝えるのは、人々が誤った方向へ向かったがために神の怒りを招いたと、、、
現代の多くの霊能者たちが伝える神からのメッセージからもわかるように、、再び同じことが起ころうとしているみたいです。

滅んだアトランティスのように。

1万2800年前のヤンガードリアス寒冷期のはじめに起こった大激変を、多くの神話や物理的証拠が証明している。
巨大彗星から分裂した大きなかけらが、地球に衝突したと。クレーターがないのは、氷の上に衝突したからで、それによって氷が溶け海面が急上昇した。それが、洪水伝説の元になった。という主張のようです。


問題はその彗星がいつ帰還するかだが、

マヤ暦とギョベックリ・テぺの石柱四三で時代を絞り込める。
メッセージに対する私の理解が正しければ、私たちは既に危険区域に入っており、それは2040年まで続く。




本書内に引用されてるオジブワ族の言い伝え

長くて幅のある尾を持った星が、いつか再び低空に現れて、この世界を破壊する。これが尾の長い天に昇る星と呼ばれる彗星だ。この地に一度現れた。数千年も前のことだ。まるで太陽のようだった。尾は発光して、熱く燃えていた。
彗星はあらゆるものを焼き尽くした。何も残らなかった。アメリカ先住民はこの地にそれが起こる前から住んでいた。だが、良くないことが満ちていた。多くの者が霊的な道を捨てていた。聖霊は、彗星が現れるずっと前から警告していた。祈祷師はみんなに備えるように伝えた。地球上の自然に、正しくないことが満ちていた‥‥
そして、あの彗星がこの地にやって来た。長くて幅のある尾を持った彗星が、すべてを焼き尽くした。あまりに低空に現れたため、尾は地面を焦がした‥‥あの彗星が世界を変えた。その後を生きていくのはつらかった。気候は以前よりも寒くなった‥‥














以下マザーシプトンの予言

大天使ガブリエルが海とその崖に立つとき、
巨大な嵐が起きて、海と繋がります。
ガブリエルは不思議なホーンを鳴らします。
その時、古い世界は滅びます。
そして、すべてが新しく生まれ変わります。

今の前に地球は6回死んでいます。

火のような龍が空を横断します。

7つの昼と7つの夜の間、
人々はすさまじい光景を目にします。

濁流がその限界を越えて上ります。
山が唸り始めます。
そして、地震が平野を割きます。
大きな洪水と鉄砲水が発生します。
大地はこれらの騒音で満たされます。

人類は泥だらけの沼地に立ちすくみます。

そして、同胞同士が互いに牙をむいて争います。
戦って殺し合います。
秘密の食料を秘密の丘に隠します。

人々は洪水から逃げ、
そして、血の川は殺しとレイプで満ちあふれます。

その血の川のすべては、人類によって流された血です。
その汚れとしみが多くの大地に広がります。

龍の尾が消えた時、
人々はそれを忘れ、笑顔となり、人々はまた生きていきます。

あまりにも遅かったけれど、
人類は神の摂理を得るのです。

彼の偽りの微笑みと偽りの威厳。
それは、神々の怒りを呼び起こします。

そして神々は龍を地上に送り返します。
龍は夜空を照らし、そして、その尾はふたつに割れるでしょう。
龍は地球の上空に止まり、地球を引き裂きます。

逃げ惑う人々。
農民も王もみんな逃げ回ります。

しかし、次に人々は水源を探すために歩き回ります。
そして、海面が崖の上に上る前に、
人々は渇水で死んでいきます。
大地はひび割れ、新たに引き裂かれます。

奇妙な話だと思いますか。
でも、これは真実です。

遠い遠い大地で、
ほんの少しの人々が彼らの堅い宮殿(=シェルター?)を去ります。
その極めて僅かな人々は生き残り、
新たな地球の人類としてスタートします。

しかし、それはすでに大地の上ではありません。
海底の、厳しく乾燥した土地です。(南極の下のアトランティス?)
地球のすべての魂が
龍の尾で一掃されて滅びるわけではありません。

地球上のすべての大地が沈むわけではありません。
しかし、大地は悪臭で満ちあふれるでしょう。
獣の屍と人間の屍が腐っていくために。
そして、植物が大地の上でばりばりに砕け散るために。

しかし、海底から浮かび上がる大地があります。
そこは清潔で、そして、とても自由です。
人類の新しい王国のもとで。
時間が記憶を消します。

地球の人類が刷新される前に、
銀色のヘビがそれを見に訪れます。(=宇宙人?)
そして、未知の人類を吐き出します。
成長する地球に混ぜるために。

その未来の新しい人類に教えてあげてください。
地球の冷やし方を。
未来の人類の彼らにはそれができるのです。
生きるために、
愛するために、
与えるために、
その方法を彼らに教えてあげてください。

千里眼をもつ子どもたち。
彼らは自然とそうなります。
彼ら未来の子どもたちは、
上品に、控えめに振る舞います。
地球の新たな黄金時代の始まりです。

これらの始まりの徴候は龍の尾です。
人類が終末に向かう徴候は。

そして、この預言がなされる前に、
私の体が焼かれても仕方ありません。
私が口にした言葉が冒涜だと思うのなら。
でも、それは間違っています。

これらの言葉は私のもとにやってきました。
そして、この預言は成就されるでしょう。

スポンサーサイト



プロフィール

「シンクロニシティ(共時性)」「陰と陽(二元論)」「フラクタル(大=小)」が私の人生のテーマです。 Synchronicity (synchronicity)" "Yin and yang (dualism)" "Fractal (large = small)" is the theme of my life.

運命は存在するか?

Author:運命は存在するか?

備えあれば憂い半減。

このパクチーヌードルすんげーうまいの。同シリーズのトムヤム君はもっとうまいけど品切れ中⇩⇩⇩ 気軽に飲めるパクチースープ。粉末状で料理にも⇩⇩⇩

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

訪問者

検索フォーム