母なる地球の人類への愛の報復

2017年のティティル氏の翻訳でわかりやすいサイトがあった

ジョゼフ・ティテル(ジョゼフ・ティトル)くんの2017年予言


北朝鮮に関する部分は当たってると思うけど側近による暗殺よりアメリカの暗殺のほうがありえる気もする。

彼の予言はよく時期がずれて当たる。




北朝鮮が非常に大きな問題になる。この男は完全に正気を失っていて、何度もミサイルを打つ。ミサイルがターゲットに着弾しても、彼はそれを事故だと言って否定する。彼を権力の座から降ろすことになるのは、暗殺だけだろう。それは、彼の周辺にいて非常に大きな恐怖を抱いている人物たちの誰かによるものだろう。ビジョンとしては、軍用車両が動き周り、ミサイルが発射されて、大地に着弾するシーンが見える。
国境線付近を守るためにミサイルを配置しているが、暗殺が成功すれば、そのミサイルは発射されないだろう。暗殺に失敗した場合には、軍事行動が起こされる可能性もある。
国境付近を守っているビジョンと、ミサイルを打っているビジョンが見えるが、それぞれが別のものという解釈もできる。(国境付近を過剰に防御しているだけで、ミサイル自体は自分の権力を国際社会に誇示しているだけという解釈。)
いずれにせよ、 2017 年が進んでいくと、北朝鮮で大きな軍事行動が起こり、人々が逃げるのが見える。
いずれ、将来的には北朝鮮は侵略されるだろう。北朝鮮は最終的に南朝鮮になる。(南に吸収される)





さらに続きがありました

やはり南極には古代地球人が残したテクノロジーが隠されているのですね
南極、魔法の南極!



■知恵袋の予言にも南極が重要な場所として登場


不思議な男の子たち
→311143335の数字…隕石が発見されたときの地球までの距離→違う。
 311143335は、立体的な図形を現代の数字に変換したもの。図形は振動していて
 時間や空間に関係。311143335の数字が減っていったが、図形が変化したから。
→5337995という数字…地球の南極と関係、とても重要なことを示していると感じる。
 地球の立体映像を見せられて、南極のある地点から螺旋状の光が延びていて5337995
 が浮かんでいたらしい。


https://matome.naver.jp/odai/2143973492065325601



2017 年の後半から 2018 年に向けて、南極が大きな問題になってくる。そして、 2020 年までの間、南極からたくさんのものが暴露されてくるだろう。私は寒いのには耐えられないけれど、南極には行きたい。

南極の中心部には穴があって、地球の内部に通じている。そこには、人類を作りだした人々が住んでいる。地球は実際に空洞なんだ。昔の人が地球は平らだと信じていたように、あなた方は地球が空洞だと言っても信じてくれないだろうけど。そして、地球の内部に住んでいる人は太陽の光がないのに、どうやって食べ物を得ているのか、と言う。地球の内部に太陽があるんだ。南極にはピラミッドがあることを知っていた? 南極で撮られた UFO の写真もあるし、 Google Earth にも、南極のピラミッドが表示されている。いずれ、南極の映像や Google Earth の情報を見せようと思っている。



出ました地球空洞説。ティティルさんはこんなぶっとんだことをいう人だったのかー!?

気象変動について
ロックフェラーやロスチャイルドなどのイルミナティの連中は、これまで非常に驚くべきことをやってきたけれども、これから起こる気象変動は、人工的なものではなく、地球自身が起こすものだ。

3600 年ごとに起こってきた地球の変動のことを彼らは隠してきた。もし人々がそれを知ったら、働くのを止めるからだ。働くのをやめて、準備をし始めるからだ。そのシフト(変動)がこれからやってくる。私は子供のころからそれが生きているうちに来ることを知っていた。
現時点では、それが 2026 年から 2028 年に起こると思っている。
2つの天体が太陽系の周りを動いていて、ひとつは地球よりも 10 倍も大きな天体だ。
ほかの連中がもうその星が見えるというようなことを言っているが、それはまだ見えていない。ホピのナバホ部族に、同じような予言がある。ホピはその2つの天体をそれぞれ赤いカッチーナと青いカッチーナと呼んでいて、青い星の方が先にやってくる。青い星が先に現われ、つぎに赤い星が現れる。それが現れると、あっと言う間に人類を破壊していくと予言されている。
ただし、ホピの予言は、地球を破壊するとは言っていない、人類を破壊すると言っている。それが 3600 年ごとに起こっているだけだ。それに、マヤの暦はたんに暦の終わりを知らせていただけで、何かの終末を予言などしていなかった。暦の終わりに合わせて、人類の意識も進化するということを示していただけだ。
人々の意識が変わりつつあるのは、間違いない、より多くの人々がこのことを話し始めている。
イルミナティやエリートたちのことを話し始めているし、誰もがそういったことを話し始めている。

3600 年周期で、2つの天体が太陽系のまわりをまわっていて、地球の 10 倍も大きな天体が近づいてくると、地球だけでなく、太陽系全体に影響を与える。

最近は、科学者たちが、木星や土星の変化や、太陽の活動の変化について語っている。 2012 年から 2013 年の太陽フレアの原因がプラネットX 、ニビルと呼ばれる星のせいではないか、というようなことを話し出している。

この天体が近づいてきたら、もうやるべきことはひとつだけで、スピリチュアルレベルの準備しかない。物理的なものを準備しても仕方ない。

ただ、人類の終わりだとは思っていない。現在は第4の世界で、これからのシフトで第4の世界が終わる。

スポンサーサイト

プロフィール

「シンクロニシティ(共時性)」「陰と陽(二元論)」「フラクタル(大=小)」が私の人生のテーマです。

運命は存在するか?

Author:運命は存在するか?

備えあれば憂い半減。

このパクチーヌードルすんげーうまいの。同シリーズのトムヤム君はもっとうまいけど品切れ中⇩⇩⇩ 気軽に飲めるパクチースープ。粉末状で料理にも⇩⇩⇩

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

訪問者

検索フォーム