FC2ブログ

第三次世界大戦


中国軍機、空自機に攻撃動作 「ドッグファイト回避、戦域から離脱」 空自OBがネットニュースで指摘

ティティルの予言

56.
いずれにせよ、次の大統領は確実に第3次世界大戦の引き金を引く。

すでに第3次世界大戦は始まっていると言ってもよい状態だ。

ただ、大規模な戦争になっていないだけのことだ。

いま方向転換するなら未来は変えることができるが、そうでない場合、第3次世界大戦は起こる運命にある。

57.
この戦争が遠い将来に起こると思ってはならない。
オバマ大統領が政権の座にあるときに起こる可能性があるのだ。

どのようにしてオバマが戦争の引き金を引くのかは分からないが、その可能性はある。

58.
第3次世界大戦が起こると同時に、地球の環境異変は一層激しくなり、頂点に達する。

地球の歴史で何度も繰り返されたように、文明が消滅してもおかしくない水準に達する。






まさかとは思うが。「その時」は突然訪れるかもしれない



第三次世界大戦が本当に起きるのか占ってみたが、まだ決定的ではないものの、各国がいつでもできるように準備を整えていると出た。やはり背後に、人々に存在を認識されていない者の意思があるようだ。
スポンサーサイト



世界が終わりそう。いや、変わりそう。


冒険しようと思って外に出ると魑魅魍魎ばかりで面白いけど参ってしまう

今度はノストラダムスの時と違って割とマジかと




これから生まれ変わりも許されない人間、魂が消滅する人間が増えるという

自分の波動を下げないように気をつけねば。
恐ろしいのは執着だという。執着によって人間は死後、未浄化霊となり、魂が消滅してしまうという。

自分の行動を省みなければ、
こんな世の中、つい攻撃的になってしまうが、
本当に重要なのはそんなことじゃない

魂を守ること、生まれてきた意味を全うすること。
それ以外に重要なことってない

今の所、ティティルの予言が割と当たってて。
やっぱり、彼が言うように、そう遠くないうちに、文明消滅レベルの天変地異が起きるのだろう。

資産がある人は、金銀に変えておいた方がいいかもね。

今日、新潟で地震が頻発してる。最近は、あまり揺れてなかったのに。

ティティルは、今後16カ月以内に、日本を2つの巨大地震が襲う。

規模はマグニチュード9.0に達する。

ひとつは「ナガタ(※長野か新潟のことか?)」でこれは内陸で起こる。二つ目は高知で、これは海で発生し津波を引き起こす。


と言っていたので、要注意。


原子炉への核燃料搬入作業開始 伊方原発3号機
これはあかん。




サヴァン症候群、共感覚、数字

31という年齢に希望を見出せるのか という問題に直面して、
「31歳で天才になった男」を読んだ。

20の時は20という年齢に希望を見出せるのかという問題に直面して、20歳と名のつくタイトルの本を読んだりした。

「31歳で天才になった男」は、後天的に共感覚を身につけた男の話である。
予想以上に面白かった。

ジェイソンは、バーで強盗に襲われ、脳挫傷を負う。しかし、それがきっかけとなり、彼は「目覚めて」しまうのであった。それはサヴァン症候群と呼ばれる。

彼には日常のあらゆることが、幾何学パターンと数字に見えるのだという。流水は、幾何学パターンがある周波数で振動しているように見えるらしい。

数字を見るとイメージが湧くというのは、高次の世界での共通言語が数字であるということと関係があると思う。
それまではあまり勉強が得意でなかったのに、数学や物理学の根本的な原理について、自然と理解できるようになっていたという。

彼には素数と円周率にとりわけ魅せられ、数字が特定の図形に見える。
自然界にあるものは、すべてフラクタルだという。フラクタルを理解することが、物質の本質につながることを示しているという。人体もフラクタル。人体は創造の構造そのものを映し出している。

共感覚者を探すのは霊能者を探すよりも難しい。私はまだ一度も会ったことがない。

死にかけて突然特殊能力に目覚めるという話は割とよく聞く。

脳が強い衝撃を受けると、リミッターが外れて本来の宇宙の民が持っている能力が発現するようになるのでしょう。
いわゆるサヴァン症候群というのは特殊な病気ではなく、本来の宇宙の民が持つ正常な能力で。大多数の人間の方が、病気なのかもしれない。



美鈴先生 金の魂語

昔からチャレンジしてみたかったことがある…

何となく、やってみたら上手くいくかもしれないと思うことがある…

時間ができたらやってみたいことがある…



今、始めませんか?

今、やってみませんか?



先延ばしにしていると…

守護霊さんがすすめる“最高の時期”を逃してしまって、

多くの感動を得ることが出来なくなってしまいます。



それに、先にあの世へ帰られた先輩方は、

声をそろえて後悔の気持ちを嘆かれます。

「あのとき、少々無理をしてでも

時間を作ってチャレンジしておいたらよかった…」などと、

「でも…」や「だって…」の言い訳で甘やかして、

無難に生きてきた自分自身を戒めるかのように、

ブツブツと嘆かれるのです…。



私たちには、多かれ少なかれ…;

まだこの世で過ごす時間があります。

しかしながら、この時間は有限です。

無駄のないように…思い立ったが吉日です!



これは常々、、思う。

生きていながらチャレンジしなくて後悔することばかり。

できることなら高校時代、いや中学時代に戻りたい。

日々痛感するのは。やっぱり、物事を始めるには逃してはならない「旬の時期」があるということ。

人生に遅いことなんてないって言うけれど、、

旬の時期を過ぎてから取り戻すように始めても‥何も得られない。

氷川神社

本日は埼玉大宮の氷川神社へ。

大宮氷川神社の始まりは約2400年前だとか、、、!!

相当古い神社のようです。

神々からのメッセージでも氷川神社が登場していました。

東京を支える重要な聖地のようです。

美鈴先生によると。大宮の氷川神社には龍神様がいるらしい。


神社に着いた途端、雨が降ってきました。

氷川神社


神社近くには池があり。ここに龍神様がいるのかも。

そんなに綺麗な池ではないですが。

氷川神社池




長い参道を少し歩いたところにあるカフェ エストで一服。

モンブラン


ホタル

今年も四季の森公園へホタルを見に行きました。

今日は、やけに人が多かったな。日が落ちる前に、四季の森公園をぐるっと一周。軽く山登りした気分です。

池ではカワセミを見ることができました。

横浜の住宅街にも、こんな大自然があるのです。

今日は夏至が近かったので、19時になってもなかなか暗くならず。

日が落ちても、満月に近かったので、影ができるくらいに明るかった。




森の中、月明かりに舞うホタルが とても幻想的でした。



都心の人混みの中にいると何もしなくても疲弊するのに、今日はたくさん歩いても全然疲れませんでした。

自然のエネルギーを貰ったからか。



そういえば 前世でも、兄と一緒に ホタルを見たのかなあ、なんて思ったり。

昨日の北海道の地震

震度6弱。

北海道地震

関東大震災はオリンピック後でも、地方はこれからも地震に見舞われるかもしれない。

ボーネルもティティルも、突然地球が目覚めたようになると言っているし。

しばらく地震はこない

少なくともオリンピック後まで。
そういう霊能者がちらほらいますが、

たしかにオリンピックの競技場がスピリチュアルなものに変えられ、変化したのだと思う。

そういうわけで、当分地震のことは考えずに生きようと思うのです。

久美子社長

久美子社長に交代した時から

ああ、これは落ちるな、と思った



波動が低そうだもの。


交代した時、久美子社長は試されたのだと思う。

けれども、彼女は恐怖政治を行った。

多くの人間に恨まれた。

だから、波動が下がった。



私には兄はいない。

けれども今日は私の兄について書こうと思う。


前世に関しては、いろんな自称霊能者が好き勝手にいろんなことを言う人が多い。
大抵、前世を見てもらったという人の話を聞くと。大抵みなさん無駄にドラマチックなのである。
過去に有名人だったとか。坂本龍馬と一緒に戦って爆死しただとか。卑弥呼だったとか。みんながみんな、そんなわけがあるかと。

そんな話ばかりなんで。前世に関しては、話半分で聞くようにしている。








今日、霊能者に会った。

霊能者「あなた、お兄さんいる?」

私「いないです(本当に見えてんのかこの人)」

霊能者「あなたに顔が似ている 男性の顔が見える」


最初は話半分に聞いていた。


その霊能者が言うには。

なんと私には、イケメンでいい男の強い霊がついている らしい。

なんとなく、、 そんな気はしていた。

そのイケメン霊が、私を過保護に守りすぎているというのだ。

過保護に守りすぎているせいで私が結婚できないというのだ!

しかもそのイケメン霊が強いのだそうだ。強すぎて男を寄せ付けないのだとか。


確かに私は常日頃、異様に護られていることに気づいてはいる。

それは多分いわゆる守護霊なのだろうなあとは思っていたけれど。


私「そのイケメン霊は私のご先祖なのですか」

霊能者は虚空を見つめる。

霊能者「いや、先祖とかじゃない。前世で、一緒だった人。前世のお兄さんだね」


そういえば、人は生まれ変わるとき、見た目も似ている肉体に生まれ変わるというのは聞いたことがある。
だから顔が現在の私に似ているというのも理解はできるが。


イケメンでいい男の霊なら、ぜひとも会いたい!!


実はずっと思っていたことがある。せめて守護霊がいい男だったらいいのになあ。と^^;



守られてるなあというのは以前から感じてた。私はそれをありがたいと思っているし、兄の方も守ることに固執していて

共依存関係なのだとか。

その籠から、自分から抜け出す決心をする必要があるとか。



霊能者「なんでお兄さんがこんなにあなたを守るかというと、前世のあなたを、守ることができなかったから。今度こそはと、妹であるあなたを守っている。前世であなたは、事故か何かで死んでいる」

私「なるほど!」

いやあ、守られてるっているのはすごくわかるんだけど。

それが前世の兄というのは?


でもなんだかこういう話はドラマチックなので、ついもっと聞きたくなってしまう。

結婚できないのだとしたら! 死ぬまで私を守り抜いてほしいと思う。




賞与より醤油の方がいいし。

賞与。


それは奴隷に与えられるものである。

頑張ったご褒美?

いやいや、そんなものは奴隷を繋ぎとめておくための餌に過ぎない。

奴隷に賞与を! 自由人に醤油を!

賞与より醤油の方がいい。

波動は友を呼ぶ


今の私の周囲には、波動の低い人間はほとんどいない。
昔はそうじゃなかったが、だんだんと変わってきたように思う。
私自身決して波動が高いわけではないのだが、昔よりはマシになったと思う。

よく、自分が変われば環境も変わると言われるが、その通りだと思う。


昔の環境を思い出してみると、、本当に周囲は魑魅魍魎ばかりだった。
けれどもそんな状況に違和感や不快感を抱かなかったから、私も魑魅魍魎の一部だったのだ。


突然、そんな状況に違和感と強い不快感を抱きだしてから、急に周囲の状況も変わったと思う。



それでも、一歩外に足を踏み出すと世界は相変わらずカオスであることに気づかされる。
自分がいかに見えない繭のようなもので保護されているか。


一般的に尊敬される職業、医者や弁護士なんかは、波動の低い物事を相手にする。だからこそ、尊敬される。
もちろんはそれは仕事として、対等ではない関係として関わるわけだが。
そこにも陰陽関係がありそうである。

早く世界が一掃されればいいのにと思う。
そう思いながら、自分の繭の中に帰る。




プロフィール

「シンクロニシティ(共時性)」「陰と陽(二元論)」「フラクタル(大=小)」が私の人生のテーマです。 Synchronicity (synchronicity)" "Yin and yang (dualism)" "Fractal (large = small)" is the theme of my life.

運命は存在するか?

Author:運命は存在するか?

備えあれば憂い半減。

このパクチーヌードルすんげーうまいの。同シリーズのトムヤム君はもっとうまいけど品切れ中⇩⇩⇩ 気軽に飲めるパクチースープ。粉末状で料理にも⇩⇩⇩

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

訪問者

検索フォーム