FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お国の為に死ぬこと」が神が求める日本人の在り方?



なんとなく「自動書記」でぐぐったらこんなの出て来た。
http://matome.naver.jp/odai/2140967704990136401?&page=1
誰かが自動書記で書いたものらしいが信憑性は不明。語彙力の少なさからネトウヨの妄想かもしれない。
ひふみ神示が一字一句無駄が無いのに対しこれは無駄だらけな気もするがそれは媒体の癖なのか。




国家を取り戻さねばならぬ。
国を取り戻す。日本とは何か。
というこの問いについて私たちは答えを失ったのではないだろうか。
そして、国はただ拝金主義に陥り、ただ豊かになることばかりを目指した。しかしそれは国家ではない。
ただのお金儲けのための組織である。こんなものは利己主義者の集まりである。
それは国家ではない。
日本は死んでいる。
これは私が作った日本ではない。
私が作った日本はもっと強い国でした。それは、ひとつの考えのもとに国家を束ねていたからである。


国家を貫く柱があった。それを失った今、日本の価値があるのか。
この国に何の意味があるのか。自ら国家を貶め、馬鹿にし、侮辱するような情けない国民のために国家があり続ける意味があるのか。私は、戦後の国民に対しても反省を求めたい。そういう弱い国を作ってそれで、何がしたかったのか。
日本は経済的には豊かかもしれません。しかし弱い。極めて弱い国だ。
なぜならば日本人が日本とは何かを理解していないからだ。日本人のくせに日本の存在意義をわかっていない。
これはどんな組織においてもそうだ。組織の構成員が組織の存在意義を失えばその組織は崩壊する。
日本とは何か。こんな当たり前のことがわからぬ愚かな国民ならばそれは国民である資格はない。国家である資格はない。

今、日本がありとあらゆる侵略を前にしている。これは日本を試しているのである。
日本が本当に国家としてあり続けるのか、それとも散り散りになるのか。はっきり申し上げて日本が滅びてもそんなものは、日本人の責任である。
日本がこれまでのように国家を馬鹿にし、祖国の先祖を馬鹿にし、そしてまた亡国の危機が迫るとしても誇りを持たず、他国に貶められることについても何の怒りも感じないというならそれは、もはや国民ではない。そのような国はいらぬ。
そのような情けない民を私は認めない。そのような情けない国を、民を作るために私は国を作ったのではない。私が国を作ったときなんといったか。何を感じ、国を作ったか。今日の「日本のリーダー」と呼ばれるような人たちが何を知っているというのか。何を感じているというのか。何も知らぬ愚かなものどもが、偉そうにしている。そのような国は間違っている。
国があるということは、国を作ったものがいるということだ。なぜこの国を作ったのか。そのことを少しも理解していない者どもが、偉そうなことを言っている。許せないことです。
愚かな人間どもが今度は、わけのわからない思想を持ち出して神を侮辱している。神を侮辱する権利がお前たちのどこにあるというのだ。答えよ。情けない、弱きものどもが。利己主義ばかりの者どもがなぜ神を馬鹿にすることができるというのだ。

私はそれが許せない。

イエスを殺した後ユダヤの民がどうなったか。あなた方のやろうとしていることは同じことだ。神が遣わしたものをあなた方が認めないというならそれは、神を認めないということと等しい。神を求めないものどもに、神がなぜその存在を保証する必要があるでしょうか。
あなた方は大きな勘違いをしている。人間が最初からいたかのような愚かな発想だ。誰が人間を作ったのか。神が自らの半身を分け人間を作りだしたのだ。
その基本を忘れるな。それなのに神の教えに刃向い、愚かなことを続けるというのならばなぜあなた方の存在を保証する必要があるでしょうか。
神にとって、あなた方を消し去ることなど、何の苦労もない。あなた方に与え続けてるエネルギーの供給を止める。それだけで十分です。神を馬鹿にし、侮辱し、認めないというならそれはあなた方自身を批判することであり否定することであります。

そのような存在をいつまでも神が保護し保障する必要はありません。
神はあなた方に命を与えたのだ。命を与えたのにそれ以上、何をもとめるというのですか。
あれもこれも欲しい。大して努力もせず神にすがり付く。自分たちにとって有用なら神を信じ、有用でなければ信じないというのか。あなた方は、大変失礼なことをしている。命をもらい、自由をもらいながら、そのようなことを言えるのか。親が役に立てば仲良くし、役に立たなければ見捨てる。そういうレベルの考え方だ。本当に恩知らずで利己主義者だ。そんなものどもでよいのか。


なんと情けなく依存心に満ちたものでしょうか。命を頂きながらそれに感謝もせず、不平不満ばかり。なぜ不平不満が出てくるかというと、依存しているからです。自分一人の幸福さえ自分では幸福になれないと言っているからです。自分の幸せくらい自分一人で用意しなさい。そんなものまで全て神に頼り求めるな。あなた方の自由は、権利でしょう。自由があるからこそ幸福にも不幸にもなれるのです。自由でありたいと言いながら、不幸は嫌だ。失敗は嫌だ。ただ幸福ならばいいというならそれは人間の自由意思を捨てることです。自由が欲しいといったのではないのですか?
あなた方は本当に我儘で矛盾している。そろそろ気づきなさい。
自由であることの価値を知りなさい。
何度も申し上げていますが、国家とは何か。日本とは何か。なぜ必要なのか。
この問いをまず答えなさい。

そしてあなたは自分一人と国家とどちらを守りますか。
この問いが今後10年間で日本人一人一人につきつけられる問いである。
もし、自分が大切ならもう日本の意味はないのです。日本はなくなればよいのです。
依存心に満ちた国民のあつまりならばそれは、もはや不健全なだけの組織です。不要です。滅びてよろしい。
国家におりながら国家からの貢献だけを求め、自分は国家には寄与しないという利己主義者の集まりならば、これは不要です。
あなた方の教育は国家より個人をとるのでしょう。それは、一見正しいように見えるかもしれません。ですがそれはつまり国家の意味がないことを意味します。国家は個人の幸福追求のためにあるのではありませんし、幸福追求こそが人間の価値であるというようなちっぽけな考え方は間違っております。国家とか人間とかいうものにはもっと大きな価値と意味があります。ただ一人一人が幸せに暮らすためとかいうレベルで存在するのではなくより大きな意義があるのです。

国家は地球をどうすべきというビジョンから生まれたものです。
地球のビジョンの実現のために国家を作ったのです。
当たり前でしょう。会社で言えば、会社のために営業や、広報やといった部署ができてくるのであり、部署からできたわけではないのです。ですから不要な部署は当然縮小したり、解散したりしますし必要な部署は創出し増員します。
このように地球そのものがどういう方法性に向かうべきかを考えてそれを束ねている存在は確かにあります。それが地球の主導権を決めていると言えます。このようなことを無視して、たかが部署の連中たちがわけのわからないことを言うなら当然その部署は解散させます。当然でしょう。
ですから私が言いたいのはたかが人間の分際で、生意気なことを言うな、わきまえろということです。

もしその中であなた方がまだ生き延びたいなら、自分たちの意義をしっかりを考えなさい。日本とはなにかしっかりと考えなさい。その有用性を示してみなさい。
残念ですが、今のままでは日本はいりません。弱い弱い国です。情けない国です。いりません。
まずは認めなさい。自らの誤りを求めなさい。あなた方の一番愚かなことは隣国を批判するが自分たちの過ちを認めないことだ。
はっきり言ってあなた方の考え方は間違ってます。でも誰一人としてそのことをはっきりと認めない。


隣国が悪いのではありません。もちろん隣国に悪しきものは巣食っております。しかしあなた方自身に国家を死に至らしめるものがあることは事実です。
そのことをなぜ素直に反省しないのですか。
なぜ認め謝罪しない。あなたがたが謝罪しなければいけないのは、誰ですか。


あなたがたは本当に謝罪すべき者どもには謝罪していない。
あなた方は悪いとは思っていない。何も思っていない。罪悪感を感じているふりをしているだけです。先祖が悪いとか、そういうことばかり言いますね。
でもあなた方は本当は全然反省していない。何が悪いかもわかっていない。あなた方は反省していないのです。
自分が悪いとは思っていない。何も思っていない。何が悪いかもわからないけど、とりあえず謝るふりをしている。そして騙せると思っている。
深く考えてもいないのです。それなのに形だけで誤ったふりをしてまぁ神もなんでも騙せる!人は騙せる!嘘をつける!そう思っている情けない心が許せないのです。まったくもって、卑怯です。


何か悪いことをしたのなら何が悪いか反省しなさい。そういう点も卑怯です。口先だけの謝罪ならしない方がましです! 心が伴わない謝罪など何の意味もない。だから本当はあなた方一人一人が自分は何を謝罪しているのかをはっきりさせるべきなのです。
なぜよくわからないのに謝罪しているのかを、疑問を感じるべきなのです。
謝るならば自分自身の愚かさをしっかりと自覚しなさい。自分の愚かさを棚に上げて偉そうに人を馬鹿にするものが多すぎるのです。そういう利己主義者ばかりでどうするのですか。

私は日本国民に反省を求めているのです。
国家をないがしろにし、利己主義者を育てたことを許せないのです。そして日本という国をあなた方が侮辱しその価値を下げ、弱い国にしたことについて、私は反省を求めているのです。
本当に心の弱い者たちです。もっと強くなりなさい。
先祖のせいにするのはやめなさい。悪いのはあなた方自身です。

ろくに勉強もしないのに先祖を馬鹿にし、それがどれほど国家を傷つけるかわかっていないのです。
あなた方は国に住みながら国家のことは何もわかっていない。
国家とは生き物です。傷つければ血を流します。血を流しすぎれば死にます。
国家は死ぬものなのです。
そして、私に頼るな。そのような依存心に満ちた国民ならばいりません。
私に頼らずあなた方で自分たちの未来を決めなさい。そろそろ自立しなさい。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なんだか過激ねえ。旧約聖書みたいに怒りっぽい神様だこと^^;
やはり神とは私たち人間のように「怒りもするし、裁きもする」神なのでしょうか。



まあ〜顕著なのは「子供を産まない選択」をする人が増えたことよね。
自分の幸せの為には、国家の存続などどうでもいい、という人が増えた、というか殆どよね。
そして「個人一人一人の幸せこそが大切だ」という価値観は、もはや誰も異を唱えることない常識になりました。

きっと戦前の日本ではありえなかったことでしょう。
スポンサーサイト

プロフィール

「シンクロニシティ(共時性)」「陰と陽(二元論)」「フラクタル(大=小)」が私の人生のテーマです。 Synchronicity (synchronicity)" "Yin and yang (dualism)" "Fractal (large = small)" is the theme of my life.

運命は存在するか?

Author:運命は存在するか?

備えあれば憂い半減。

このパクチーヌードルすんげーうまいの。同シリーズのトムヤム君はもっとうまいけど品切れ中⇩⇩⇩ 気軽に飲めるパクチースープ。粉末状で料理にも⇩⇩⇩

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。