FC2ブログ

サヴァン症候群、共感覚、数字

31という年齢に希望を見出せるのか という問題に直面して、
「31歳で天才になった男」を読んだ。

20の時は20という年齢に希望を見出せるのかという問題に直面して、20歳と名のつくタイトルの本を読んだりした。

「31歳で天才になった男」は、後天的に共感覚を身につけた男の話である。
予想以上に面白かった。

ジェイソンは、バーで強盗に襲われ、脳挫傷を負う。しかし、それがきっかけとなり、彼は「目覚めて」しまうのであった。それはサヴァン症候群と呼ばれる。

彼には日常のあらゆることが、幾何学パターンと数字に見えるのだという。流水は、幾何学パターンがある周波数で振動しているように見えるらしい。

数字を見るとイメージが湧くというのは、高次の世界での共通言語が数字であるということと関係があると思う。
それまではあまり勉強が得意でなかったのに、数学や物理学の根本的な原理について、自然と理解できるようになっていたという。

彼には素数と円周率にとりわけ魅せられ、数字が特定の図形に見える。
自然界にあるものは、すべてフラクタルだという。フラクタルを理解することが、物質の本質につながることを示しているという。人体もフラクタル。人体は創造の構造そのものを映し出している。

共感覚者を探すのは霊能者を探すよりも難しい。私はまだ一度も会ったことがない。

死にかけて突然特殊能力に目覚めるという話は割とよく聞く。

脳が強い衝撃を受けると、リミッターが外れて本来の宇宙の民が持っている能力が発現するようになるのでしょう。
いわゆるサヴァン症候群というのは特殊な病気ではなく、本来の宇宙の民が持つ正常な能力で。大多数の人間の方が、病気なのかもしれない。



スポンサーサイト



プロフィール

「シンクロニシティ(共時性)」「陰と陽(二元論)」「フラクタル(大=小)」が私の人生のテーマです。 Synchronicity (synchronicity)" "Yin and yang (dualism)" "Fractal (large = small)" is the theme of my life.

運命は存在するか?

Author:運命は存在するか?

備えあれば憂い半減。

このパクチーヌードルすんげーうまいの。同シリーズのトムヤム君はもっとうまいけど品切れ中⇩⇩⇩ 気軽に飲めるパクチースープ。粉末状で料理にも⇩⇩⇩

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

訪問者

検索フォーム