FC2ブログ

11という数字の意味

22を超えてゆけⅢ 上より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
かつて、夢で見た三つの計算式のうち、宇宙図書館にアクセスして回答にたどり着いたのは二つだけ。あともう一つ、未解読の計算式が残っていた。

第一の式は、(9+13)+1
第二の式は、Z=1/137
第三の式は、11+11+1

第一の式の意味は、9とは三次元の眼に見える完成数であり、13とは目に見えない世界の完成数を表していて、この二つを合わせ「22」を超えてゆくという。しかし、第一の式で問題なのは、人類の集合意識である「22」を超えてゆくには、目に見える世界の完成を迎えた9と、目には見えない世界の力も借りなければならない。それに、9というのは終了のコードでもあるので、この世界で生きたまま、9の世界にとどまることは実のところ難しいのだ。

第三の式の意味は、11とは火と水を統合した数で、11という数字になった二人が、左右の力を同等にすることをあらわしているという。
11という数字について言えば、11は不安定な状態で、よくよく11を観察してみると、10か12に変化したがる性質があることがわかる。せっかく、11という数字を持った人が二人集まったとしても、大抵はどちらかが10、どちらかが12になってしまい、上下関係を築くことになり、そこには不均衡が生まれる。結局のところ13というコードを使えない限り、これらの式は使い物にならないだろう。
数字ばかり出てきて、わけがわからなくなってくるが、いずれにしても、「22を超えてゆく」ということは、惑星の進化に欠かせない宇宙の命題でもあるらしい。

しかし、最も厄介なのは、Z=1/137という数式である。
夢と現実との誤差を表す数値とも、太陽の国への扉を開ける鍵とも言われているが、そもそも「z」が何をあらわしているのか....疑問である。.
スポンサーサイト



プロフィール

「シンクロニシティ(共時性)」「陰と陽(二元論)」「フラクタル(大=小)」が私の人生のテーマです。 Synchronicity (synchronicity)" "Yin and yang (dualism)" "Fractal (large = small)" is the theme of my life.

運命は存在するか?

Author:運命は存在するか?

備えあれば憂い半減。

このパクチーヌードルすんげーうまいの。同シリーズのトムヤム君はもっとうまいけど品切れ中⇩⇩⇩ 気軽に飲めるパクチースープ。粉末状で料理にも⇩⇩⇩

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

訪問者

検索フォーム