FC2ブログ

重要な一文を見逃してた。

マクモニーグルの未来を透視するの本の中で 「2015年より前にアジアの大都市で大地震が発生する」 「そして、世界的規模を誇る巨大建築物が少なくとも一つ (あるいは二つ)深刻な被害をこうむる。」

という文章があったらしい。読んでたのに、見逃してたな。

ティティルの予言とかぶる。一年から一年半以内に、日本に次の大地震があると。

2014年の中頃から終わりにかけて新たにM9,0より大きい地震が日本を襲い福島にさらなる問題を起こすだろう

って。
スポンサーサイト



東京スカイツリーについて

ジョー・マクモニーグル未来を透視する


この本が日本で出版されたのが2006年。

この本には2012年に完成したスカイツリーについて書かれている。



以下引用ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「二〇二〇年より前に新東京タワーは自然災害によって深刻な損傷を受ける」

東京の墨田区で新東京タワーの建設準備が進められている。高さは六一〇メートルで、2011年に竣工の予定だ。
だが、わたしの透視によれば二〇一一年までに起きる自然災害によって、完成は二年先にずれこむようだ。また、完成時には当初の予定よりももっと高くなっている。その後、二〇二〇年より前に、新たな自然災害によって深刻な損傷を受ける。墨田区は、マグニチュード六・五を超える地震では地盤がゆるくなり、想定よりも不安定な事が判明する。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


二〇一一年までに起きる自然災害とは、まぎれも無く311のことである。そして、実際、二年よりも短いが完成が二ヶ月程遅れた。そして、当初の予定よりも高くなっているという点についても当たっている。


完全に当たったわけではないが重要な部分はほぼ当たっているのである。


もともとこの計画が存在していたならば当たっていもどこかで情報を入手出来る可能性があるので不思議は無いが、予想外に「期間が延びる」「高くなる」ことをあらかじめ予想するのは難しいだろう。この人の透視能力は本物ではないかと思う。




それでは、「二〇二〇年より前に起きる、新たな自然災害」とは、一体何なのか? 恐らくかなりの耐震技術を駆使しているであろうスカイツリーが深刻な損傷を受けるとは、どれほどのものであろうか?

この文章からするとやはり巨大地震である可能性が高そうだが、本当だとしたら大変な事態である。






プロフィール

「シンクロニシティ(共時性)」「陰と陽(二元論)」「フラクタル(大=小)」が私の人生のテーマです。 Synchronicity (synchronicity)" "Yin and yang (dualism)" "Fractal (large = small)" is the theme of my life.

運命は存在するか?

Author:運命は存在するか?

備えあれば憂い半減。

このパクチーヌードルすんげーうまいの。同シリーズのトムヤム君はもっとうまいけど品切れ中⇩⇩⇩ 気軽に飲めるパクチースープ。粉末状で料理にも⇩⇩⇩

ブロとも申請フォーム

カテゴリ

訪問者

検索フォーム